五行マットと五行音叉について

当院には五行マットと五行音叉というツールがあり、施術に活用することがあります。

これらのツールは、中国の陰陽五行の法則という考えによるものです。

(五行マットについて)

ごくごく簡単に五行マットについて説明します。

このマットは5つの色と陰陽図合わせて6つのマットで構成されております。

5色は赤、黄色、銀色、水色、緑色で赤は「火」、黄色は「土」、銀色は「金、金属の意」、水色は「水」、緑色は「木」の意味があります。

また1つ1つの色はそれぞれ意味を持ち、赤「火」はポジティブな意味では喜びや情熱、愛という意味があり、ネガティブな意味では憎しみやハートを閉ざすという意味があります。

また経絡(ツボとツボを結んだエネルギーライン)では、心経・小腸経と関係しています。

肉体と心の問題が1つの色で表されていて、それぞれ意味が違います。

木は燃えて火になり、火が燃えた後には灰(土)を生じ、土が集まって山となった場所からは鉱物(金)が産出し、金は腐食して水に帰り、水は木を生長させるというように木→火→土→金→水→木という順番は相生(好循環サイクル)で相手を強める影響をもたらします。

 

来院される方は身体に歪みがあって痛みが生じたり、心の葛藤、執着があったりして相剋(悪循環サイクル)に陥っている状態なので、このマットを好循環サイクルで回ると膝の高さや骨盤の高さ、肩の高さや頬骨の高さが揃ったり、心が落ち着き、呼吸が楽になってきます。

悪循環サイクルで回ればバランスは崩れ、ぐらんぐらんになり、立っている事ができなくなるような事もあります。

このような体験をするマットが五行マットです。

 

(五行音叉について)

音叉は楽器をチューニングする時の道具です。

音叉には音の周波数というものがあります。

色の意味は五行マットと同じですが、身体を調整するために使う事を説明するためには、ほんの少し量子力学の説明をします。

物質の最小単位は素粒子であり、人間の身体もまた素粒子でできていると言えます。

その素粒子は音から発する振動に影響を受けることが科学的な実験で確認されています。

つまり人間の肉体も素粒子でできているので、音の振動の影響を受けるという事です。

必要な音叉で音を奏でて、その音を浴びることで五行マット同様の事が起こります。

 

音は出ませんが、身体が振動の影響を受けるという考えのもと、量子波動治療器は導入されています。

各臓器固有の振動を正常な状態へと調整する機器になります。

 

量子力学について上手に説明して下さっている健康サロンというyoutubeチャンネルのリンクを貼ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

8月のお休みについて