足関節について

当院にいらっしゃる方で、痛みの場所は腰痛・膝痛・肩こり等それぞれ違いますが、ほとんどの方にみられる状態というのがあります。

それは、何かしらの足の問題を抱えているという事です。

足の指が外反母趾や内反小趾になっていたり、指先が浮指状態で曲がり下方へ動かずにロックされていたり、以前は偏平足でなかった人が偏平足に

なってしまったり、足首周りが固く自由に動かせないという方が非常に多いです。

その原因としては、足の指を突き指したり、捻挫・骨折等して痛みが癒えるまでの間に、足を着いて痛みが出るのを恐れて普段と違う痛みの出ない

所を探して足を着くという行為にあったりします。

捻挫・骨折で腫れが引いたり、骨がついたりした後こそ、本当のケアが必要だと考えます。

これを放置してしまうと、足の変形を助長させる恐れがあると感じています。

もう一つの原因は、本来足を守るべき靴の存在です。

女性のハイヒール等に限らず、男性でも足先が細くなった革靴やお仕事で履く安全靴、クロックスのようなサンダルのようなもの、女性に多いよう

ですが、足のサイズより少し大きめのサイズのものを履いていたりする方が多いです。

特に大きめのサイズや足が履物の中で滑りやすい靴を履くと、滑るまいとして足の指を曲げて掴むような動作になってしまいます。

日常的にこの動作が続くことによって、足の指が曲がって浮指状態になり、他の変形が起こる原因になります。

成長期のお子さんがいらっしゃる方は、お子さんの靴に気をつけて頂きたいと思っています。成長を見越して少し大きめのサイズの靴を買い与える

と上記のような事が起こります。実際、街中で見かける小中学生くらいのお子さんに、足先の問題がありそうな子を時々見かけます。

足は身体を支えるために、非常に重要です。土台となるべき足がしっかりしていないと、下半身だけでなく、上半身迄響いて影響を受けます。

膝痛でいらっしゃる方のほとんどは、膝そのものの問題よりも足先や足首、外側重心、偏平足、O脚等の問題を抱えていらっしゃいます。

構造的な問題を少なくしていくことが、痛みが出なくなることへの近道だと考えています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA